【2023年版】箱根 憧れラグジュアリーホテルのスイートルーム大公開[PR企画]

2023.10.06 / 投稿者:ハコーダ編集部

「【2023年版】箱根 憧れラグジュアリーホテルのスイートルーム大公開[PR企画]」のメイン画像

HACOODA厳選!箱根のスイートルーム10選

大切な人へのサプライズ、思い出に残る記念日を過ごしたい時は、とびっきり贅沢な滞在を楽しみませんか。箱根には、誰もが憧れるラグジュアリーなホテルや旅館、大人のための隠れ家宿などがありますが、今回は、その宿の中でも最上級のお部屋を大公開!極上のホスピタリティや空間、景色、温泉、食事、雰囲気・・・何もかもがプレミアム!眺めているだけで素敵な滞在を予感して、幸せ気分に浸れそうですよ♫

強羅花壇

江戸期に創設された閑院宮別邸跡地に立つ、日本を代表する高級旅館。敷地はなんと5,000坪、周囲の自然調和する独創的な建築美でも知られています。

本館、離れ、貴賓室など趣向を凝らした41ある客室の中で、最上位となるのが「別邸 暁」。室内、テラス、庭を含めた専有面積は宿最大の201㎡超、本間12.5畳、次の間12畳、奥の間10畳、広縁6畳、内風呂、スチームサウナ、シャワーブース、洗浄機付きトイレ2室などを備え、最大6名まで泊まれるので2世代、3世代での家族のお祝い旅行にぴったりです。

圧巻は、ここに泊まるゲストのためだけにしつらえた枯山水庭園、そしてその庭を望む温泉露天風呂です。なんとも贅沢な眺めで、至福のひとときを過ごせそう。

庭園には、強羅の地を象徴する岩石が配され、桜や梅、色づく木の葉や降雪など四季折々の風情が楽しめ、苔のなだらかな斜面の先には強羅のシンボル大文字山を望み、まるで絵画の中に身を置いているようです。箱根が誇る名旅館「強羅花壇」で、思い出に残る滞在を。

詳細はこちら
▶︎

箱根吟遊

和とアジアンがほどよく調和する上質な空間、ため息が漏れるような絶景インフィニティ風呂などで知られる、箱根きってのラグジュアリーリゾート。最高級グレードの客室「月タイプ」(全6室)は宿の1階に。山の斜面に建てられた宿のため、レセプションは最上階の5階、客室は4~1階に位置し、最も低い階である1階が最も贅沢な客室となっています。

自然と一体になれる広々としたオープンテラスには、ジャグジー付きの野趣あふれる温泉露天風呂と内風呂、のんびりくつろげるソファーが配され、目の前に広がる自然はまるでプライベートガーデンのよう。

寝室とは別に、座ったままで景色を眺められる掘りごたつ式のダイニングが設けられ、夕朝食ともにお部屋食でゆったりのんびり過ごせます。

「Ginyu Spa」では、1日1組限定でエステ終了後に貸切が可能。空間はキャンドルでロマンチックに演出、シャンパン・花束・ケーキなど要望に合わせて用意してもらえるので、一生に一度のサプライズを盛り上げてくれそうですよ。

詳細はこちら
▶︎

金乃竹 仙石原

竹取物語をコンセプトにしたミステリアスな空間が広がる、大人のための隠れ宿。一歩足を踏み入れた瞬間から随所に遊び心が感じられ、非日常を存分に満喫できます。

客室は全てしつらえが異なる全9室。その全てに濁り湯が注ぐ露天風呂を備え、夕朝食ともお部屋だし。宿のスタッフ以外誰とも顔を合わせない、特別な“おこもりステイ”が叶います。

金乃竹ブランドの中でも最上級のゲストルームが、メゾネットタイプの「帝(MIKADO)」。総面積は136㎡もあり、1階には景観を楽しめるダイニングルームとチェンジングルームが、2階には箱根の山々を一望するベッドルームと露天風呂が配され、清々しい山の空気と開放感を味わいながらリラックスできます。

食事は、京都の料亭で腕を磨いた料理長の技が光る本格的な京懐石を。プロポーズや記念日などのサプライズも充実しているので、予定のある方はご相談を。

詳細はこちら
▶︎

箱根小涌園 天悠

150ある客室全てに温泉露天風呂を備え、箱根外輪山を望む圧巻の“インフィニティ温泉”で知られる高級温泉旅館。

【明治時代×西洋ロマン】がテーマの「宮ノ下」

最もプレミアムな滞在を楽しめるのは、箱根の代表的な6つの地名になぞらえ、【時代×文化】、【自然×四季】をテーマに3部屋ずつしつらえた特別客室「箱根遊山」です。全て1階に位置し、標準的客室の35㎡に対し50~70㎡とゆとりの広さを備えるのが特色で、専用庭園や月見台(バルコニー)、足湯設備を備える客室も。

中でもおすすめは、【大正時代×ハイカラ】がテーマの「小涌谷」。レトロモダンなデザインのダイニングとリビング、独立したベッドルームを配し、ゆったりした客室温泉露天風呂に加えて内風呂、シャワー室、使い勝手のよい2ボウルの洗面台と充実の水回り。テラスの階段を降りた先には、宿泊者専用の専用庭があり、豊かな自然を一人占めしながら至福のひとときを過ごせます。

また、エントランス前に新しく備えられた全長約12mの天悠テラスでは、外輪山を背景に音楽の演奏会などさまざまなイベントが開催され、特別な滞在を盛りあげます。より充実した時を過ごせるようになった「天悠」で、悠々のひと時をお過ごしください。

詳細はこちら
▶︎

オーベルジュ・オー・ミラドー

地場の新鮮な食材をふんだんに取り入れた、“箱根でしか作れないフランス料理”を追求し続けるオーナーシェフ、勝又 登氏が手がける日本初のオーベルジュ。“ミラドー”はフランス語で“展望台”を意味し、大半の客室から芦ノ湖を望めるのが魅力です。

最上級のゲストルームは、ボルドーの瀟洒なシャトーを思わせる“パヴィヨン・ミラドー”の「芦ノ湖エクストラルーム」。リビングと寝室が分かれたスイート仕様で、小花模様の壁紙やエレガントな調度品に囲まれたリビングには暖炉も。

ノーブルなブルーを基調とする寝室の奥には、フランス製のバスタブとトイレを配したバスルームがあり、まるでフランスのオーベルジュにいるような気持ちに浸れます。青い湖を望むバルコニーのテーブル&チェアで、読書をしたり、のんびりするのもいいですね。

館内や客室にはあえてテレビの設置はなし。しばし現実から離れ、純粋に「食」そのものを楽しむ滞在は実に貴重。匠の技が織りなす究極のお料理をお楽しみください。

詳細はこちら
▶︎

bar hotel箱根香山

千条(ちすじ)の滝に近い小涌谷の深い森にひっそりと佇む、大人のための“バーホテル”。「barに泊まる」をコンセプトに、多くのゲストを魅了し続けています。

※提供カクテルは時期によって変わる場合がございます

エントランス目の前に広がるのは洗練されたbar。宿泊費に一部を除くドリンク代をインクルード、時間や季節の移ろいを感じながら、バーテンダーが作る“極上の一杯”を楽しめます。

最も贅沢な客室は、「bar hotel箱根香山」の魅力が全て詰まった「プレジデンシャルスイート」。箱根エリアでもトップクラスの132㎡もの広さを誇るラグジュアリーな空間は、黒と茶色を基調にした大人の雰囲気で、洋室と和室2つ、ベッドルームにバーキャビネット、半露天風呂にサウナ、水風呂を備え、極上のひとときを過ごせます。

ラグジュアリー空間に配置されたバーキャビネットは、宿泊者がお部屋でお酒を作れるプライベートバー。世界各国のリキュールやアルコールを取り揃え、シェイカーやバー備品、グラスなどもこだわり、自由にお酒を作ることができます。

お好みのお酒を味わったら、プライベートな湯呑みを堪能できる客室露天風呂へ。広々とした露天風呂の他に、サウナや水風呂も完備。就寝時は、豊かなスプリング性能を誇るシモンズ社の7.5インチ(約19㎝)ポケットコイルマットレスを採用したベッドと、高級ホテルのスタンダードであるダブルクッションで、包み込まれるような寝心地を体感できます。お酒に酔いしれて、極上の夜をお過ごしください。

詳細はこちら
▶︎

ふふ 箱根

強羅に多い岩石の力強さ、可憐な草花や豊かな森、雄大なパノラマに五感が刺激され、心癒やされる、そこはまさに山のリゾート。

全39室が50㎡以上のスイート仕様、8タイプをそろえる客室の中でわずか3室の100㎡を超えるラグジュアリーなお部屋が「ふふラグジュアリープレミアムスイート」。本館「山瑠璃」、一ノ棟「欅の実」、二ノ棟「楢の芽」のそれぞれ最上階に位置し、季節や時間で刻々と表情を変える箱根連山を一望できます。

大きな窓を開ければオープンエアーバスになる、ゆったりサイズの客室温泉風呂で、森林浴を楽しみながら湯浴みを堪能できます。

広々したリビングルームには横になれる大きなソファーやデイベッド、ベッドルームにはダブルサイズのベッドが2台、シモンズ社と共同開発したマットレスが上質な眠りに誘います。とっておきの旅行に、季節の草花が彩りを添える空間で贅沢な滞在を。

詳細はこちら
▶︎

箱根花紋

10種の湯舟で湯巡りが楽しめる自家源泉が自慢の和風宿。旧街道から見える建物は城郭風で純和風客室を備える宿ですが、ラグジュアリーな別の温泉宿を訪れたような気分を味わえるのが、最上階フロアに設けられた「六花(rocca)」です。

『歩(あゆみ)』

光の演出が迎える専用廊下はスタイリッシュな異空間。露天風呂付きスイートルーム6室からなり、布や和紙など全て異なるテーマでデザインされているのが特徴です。

『奏(かなで)』

最もハイグレードなのは、日本の伝統技術「組子」をテーマにしつらえた「奏 (KANADE)」。専有面積は約74㎡、琉球畳の10畳和室と和モダンなベッドルーム、広々したウッドテラスには掛け流しの露天風呂に加えて足湯、テーブル&チェアもあり、どこにいても箱根の山並みを近くに感じることができます。シャワールームも設けられているので、寒い季節はシャワーで温まってから露天風呂に浸かれるのもいいですね。

『語(かたり)』

詳細はこちら
▶︎

ホテル仙景

箱根湯本のにぎわいを離れた須雲川沿いに佇む、和のおもてなしに心安らぐ宿。山の斜面に点在する全15室それぞれに自家源泉風呂を備え、最上階には展望露天風呂もあり、湯坂山を一望しながら美肌の湯を堪能できます。

新たに生まれ変わったのは、最も眺めのよい最上階に位置する特別室、「観月」と「山月」。箱根湯本駅から徒歩10分という立地にあって一級品の眺望を持つ客室露天風呂、ベッドルーム、和室、インナーテラス、ウッドデッキと、80㎡もの広さの客室は唯一無二の贅沢。ナチュラルな色調のインテリア、透かし彫りやフロアなど木の温もりも心地よく、快適な和空間に仕上がっています。

開放感あふれる露天風呂でのんびりしたら、インナーテラスのソファーやベッドで休むもよし、晴れた夜はウッドデッキで夜空を見上げるのもよし、思い思いに寛げそう。寒くない洗い場、使う人を思ってしつらえたパウダールームなど、ゲストを思う心遣いもうれしいですね。

旬の食材と地物にこだわった格別な旬彩料理はクチコミでも高評価。朝夕ともにお部屋食なので、四季折々の山の景色を眺めながらお食事とお酒を存分に味わえるのもこのお部屋の醍醐味。冬にはこたつも設置され、懐かしさと寛ぎを演出。お部屋から一歩も出なくても良い“おこもり滞在” をご堪能ください。

詳細はこちら
▶︎

箱根強羅 白檀

季節のうつろいを映す恵まれた自然環境を取り込み、客室の柔らかな和空間が人気の高級旅館。三千坪の山間に16室、すべての客室に黄金色に輝く泉質の源泉掛け流し露天風呂をしつらえます。

一歩足を踏み入れると、木の葉のささやき、野鳥のさえずり、山々を渡る風、自然の織りなす光や影などを取り込み、自然と一体化した穏やかで贅沢な空間に。日本の近代建築を代表するデザイナー達の銘家具も贅沢時間に花を添えます。

最上級のお部屋は、和室10畳、洋室リビング、落葉樹眺望デッキ、露天風呂からなる客室 「仭(Jin)」。白檀最大の露天風呂に、和のしつらい溢れる内装、おもてなしの心を随所に散りばめたベッドルーム、寛ぎ感たっぷりの大型ソファ。デッキにも、ゆったりとしたソファやラウンジャーが備えられています。

デッキの先端部からは、大文字焼き斜面と遠景に相模湾も望めます。館内に漂うほのかな白檀の香りと共に、贅沢な時間をお過ごしください。

詳細はこちら
▶︎

HACOODA(ハコーダ)の公式ライン登録はこちら!